2007年04月27日

おテンバ娘から一転!井上真央が艶やか舞妓役を初体験どすえ〜

女優、井上真央(20)が今秋放送のフジテレビ系スペシャルドラマ「花いくさ」で初の舞妓&芸妓役に挑戦することが25日、分かった。出世作「花より男子」のおテンバ娘が一転、色香漂う京女に。このほどクランクアップを迎えた井上は、「今後忘れることの出来ない、思い入れの深い作品になりました」と振り返った。

 井上が演じるのは、4歳で祇園に預けられ、三味線、書道、舞など厳しいけい古を積み、祇園一の芸妓を目指す主人公・峰子。「キッズ・ウォー」シリーズの茜、「花より男子」の牧野つくしなど気性が激しく、男の子ばりの言葉遣いや態度が特徴の女の子を演じてきた井上だけに、これが、初めての“オトナ”の役となる。

 30枚に及ぶ着物姿に加え、映画俳優(仲村トオル)との恋や先輩芸妓(葉月里緒奈)との友情、花柳界の女性の生き様など、今年1月に20歳を迎え、女性らしさを増した井上の新たな一面が見られそうだ。
 撮影を終えた井上は「悪戦苦闘しながらも、私なりに全力で挑んだこのドラマは、女性として、一人の人間として学ぶことがとても多かった。美しくもはかないこの祇園の世界を、多くの方に感じ取っていただけたらうれしいです」とコメントを寄せた。
    (引用 YAHHOニュース



花より男子の女子高生のつくしから、祇園一の芸妓を目指す峰子。
ちょっと大人になった真央ちゃんが見れちゃう
ぴかぴか(新しい)
posted by マオ at 09:43| 井上真央 ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

井上真央が芸者役に初挑戦

女優井上真央(20)が、今年秋放送予定のフジテレビ系特番「花いくさ」で、初の芸者役に挑戦する。ドラマは昭和40〜50年代の京都・祇園を舞台にし、岩崎究香(当時・峰子)さんの著書「芸妓峰子の花いくさ」が原作。井上は4歳で祇園の世界に入り、三味線、書道、舞などのけいこに励み、一流芸者へと成長する女性を演じる。
 井上は岩崎さんから直接、歩き方、踊り、所作などを指導され「悪戦苦闘しながらも、私なりに全力で挑んだこのドラマは、女性として、1人の人間として学ぶことがとても多く、今後忘れることのできない作品になりました」。慣れない和装とともに、祇園独特の言い回しにも苦労。京都弁とは違う言葉に「岩崎さんが吹き込んだセリフのテープを何度も繰り返し聞いて練習した」と説明した。ほかに葉月里緒奈、戸田菜穂、仲村トオルらが出演。
   (引用 YAHHOニュース


京都弁とか難しそうですまんね〜、真央ちゃん頑張ってねグッド(上向き矢印)
posted by マオ at 14:04| 女優 井上真央 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。