2007年10月30日

井上真央が「あんみつ姫」来年1月放送

 女優の井上真央(20)が、来年1月放送のフジテレビ系「あんみつ姫」に主演することが24日、同局から発表された。

 1954年に映画化されたほか、83年に小泉今日子(41)主演で同局でドラマ化、86年には連続テレビアニメ化もされた時代劇コメディー。あんみつ姫を演じる真央は「あんみつ姫を平成版として受け継ぐことができてうれしいです。おてんばな姫なのでアクションシーンも多いですが、頑張っていきたいです」と意気込んでいる。共演は夏木マリ(55)、中川翔子(22)、柳葉敏郎(46)ら。
   (引用 スポーツ報知



真央ちゃんのアクションシーンにも大注目わーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)
posted by マオ at 10:09| 井上真央 ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

井上真央が「あんみつ姫」に☆☆☆

「ファーストキス」「花より男子」など、コメディーがはまり役になってきた井上真央(20)が、来年新春放送のフジテレビ系ドラマ「あんみつ姫」に主演する。同局が24日、発表したもので「好奇心が強く、いたずら好きなおてんば娘」に挑戦する。過去には小泉今日子(83年)が演じており、井上は「平成版として受け継ぐことができて、とてもうれしい。おてんばな姫なのでアクションも多いですが、頑張っていきたい」。番組の浅野澄美プロデューサーは「世代を超えた時代劇ヒロインは、和装が似合う井上さんしかいないと思った」と期待している。
 姫が恋する煎兵衛に小出恵介、家庭教師に夏木マリ、老中役が泉谷しげる、町の人気役者で早乙女太一らが出演する。
   (引用 YAHHOニュース



小泉今日子さんを越える「あんみつ姫」を演じられるか
楽しみですね
わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
posted by マオ at 10:14| 井上真央 ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

<あんみつ姫>井上真央主演の新春ドラマで豪華キャストで

20071025-00000015-maiall-ent-thum-000.jpg
女優の井上真央さん(20)が人気時代劇コメディー「あんみつ姫」に主演することが分かった。フジテレビの新春スペシャルドラマとして08年1月に放送する。

「あんみつ姫」は倉金章介さんが戦後間もない時期に発表した同名マンガが原作。好奇心が強くいたずら好きの主人公「あんみつ姫」がさまざまな騒動を巻き起こす時代劇コメディーで、1954年から60年にかけて何度も映画化されたほか、83、84年には小泉今日子さん主演でテレビドラマ化、86年にはアニメ化されるなど世代を超えた人気作だ。

 “平成版”は、スペシャルドラマ「はだしのゲン」の西浦正記さんが演出、ドラマ「ムコ殿」「人にやさしく」などを手がけたいずみ吉紘さんが脚本を担当。あんみつ姫(井上さん)が、お見合いをすっぽかして城を脱走し、庶民の暮らしに初めて触れたことでさまざまな騒動を巻き起こしていくというストーリー。あんみつ姫が淡い恋心を抱く少年、煎兵衛役に小出恵介さん、あんみつ姫の親友役としてオタク系アイドルの中川翔子さんが出演するほか、“初代ちびまる子ちゃん”として知られる子役の森迫永依さん、家庭教師役で、結婚を発表したばかりの夏木マリさん、あんみつ姫の両親役で、柳葉敏郎さん、和久井映見さんら実力派が脇を固める。

 井上さんは「今の時代を象徴するような現代的要素も多く取り入れられているので、年代を超えて多くの人に楽しんでいただけると思います。おてんばな姫なので、アクションシーンも多いですが、頑張っていきたい」と話している。
    (引用 YAHHOニュース



本当に豪華出演者たちぴかぴか(新しい)
現代版『あんみつ姫』期待が高まりますねわーい(嬉しい顔)exclamation×2

posted by マオ at 10:30| 井上真央 ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

おてんば真央、フジ系新春SPドラマ「あんみつ姫」に主演!

女優の井上真央(20)が、来年1月放送のフジテレビ系新春スペシャルドラマ「あんみつ姫」に主演することになった。

 好奇心旺盛で、いたずら大好きというおてんば姫の活躍を描く「あんみつ姫」は漫画家、倉金章介氏原作の名作時代劇コメディー。昭和29年に初映画化、後に舞台化もされたほか、58年からは小泉今日子の主演で単発ドラマシリーズになった。

 劇中で殺陣や乗馬シーンに挑戦し、お姫様から、町娘、渡世人の男装まで披露する井上は「あんみつ姫を平成版として受け継ぐことができてうれしい。おてんばな姫なので、アクションシーンも多いですが頑張っていきたい」。

 物語は、お見合いをすっぽかし城を脱走した姫が、少年スリ集団を率いる煎兵衛(小出恵介)と出会い、ある騒動に巻き込まれる姿を描く。
    (引用 YAHHOニュース



今度は、どんなおてんばぶりを見せてくれるのか
楽しみですねわーい(嬉しい顔)るんるんるんるん
posted by マオ at 10:05| 井上真央 ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

NAIL QUEEN 2007 〔女優部門〕受賞!

12回目を迎えるネイルクイーンに〔女優部門〕で、井上真央ちゃんが受賞わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)


'87年1月9日、神奈川県出身。
幼少より多数のドラマに出演。「ホーム ドラマ」(TBS系)、「救命病棟24時」(フジテレビ系)、「火垂るの墓」(日本テレビ系) 等で演技の幅を広げ、'05年には「花より男子」(TBS系)で主演。続編である「花より男子2〜リターンズ〜」(TBS系)も高視聴率を記録。映画では、'06年『チェケラッチョ!!』(宮本理江子監督)でヒロインデビューを飾り、今年は『ゲゲゲの鬼太郎』(本木克英監督)、『怪談』(中田秀夫監督)が公開。「MIZUHO」「KAGOME」「明治製菓」等、さまざまなCMにも出演中。


授賞式は、大会の2日目(11月27日)13:00〜13:30、会場はメインステージでexclamation
授賞式の席数には限りがありますので、入場整理券(座席指定)を当日配布しますexclamation×2

posted by マオ at 10:07| 女優 井上真央 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

小田和正 主題歌フジテレビ系月曜(月9)ドラマ『ファーストキス DVD-BOX』発売

●小田和正主題歌の
フジテレビ系月曜(月9)ドラマ『ファーストキス DVD-BOX』発売
2007/12/19発売

<キャスト>
井上真央(福永美緒)/伊藤英明(加納一樹)/平岡祐太(結城秋生)/酒井若菜(斉藤はるな)/蕨野友也(諸畑健夫)/竹中直人(番場大)/夏木マリ(福永えり子)/劇団ひとり(進藤一流)/阿部サダヲ(二階堂勝)/松雪泰子(高木蓮子)ほか

☆病弱な20歳の女の子が成功率50%の手術を前に、両親の離婚で生き別れとなった兄と10年ぶりに再会。
病弱なため超ワガママに育ったオクテの妹・福永美緒(井上真央)と、女にだらしなく借金まで抱えるダメな兄貴・が繰り広げるラブコメディー。

☆脚本は、「GOOD LUCK!!」「白い巨塔」「14歳の母」などで知られる実力派の井上由美子さんが手がけ、「電車男」「のだめカンタービレ」の武内英樹氏が演出する話題作。
    (引用 OOPS!



ドラマ『ファーストキス DVD-BOX』が12月19日に発売ぴかぴか(新しい)
買わなきゃわーい(嬉しい顔)るんるんるんるん
posted by マオ at 10:20| 井上真央 ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

山本裕典「破けるくらいキスして」

俳優・山本裕典(ゆうすけ、19)が8日、東京・銀座の福家書店で初の写真集「初恋寫眞 山本裕典」の発売イベントを行った。

 山本は2005年のジュノン・スーパーボーイ・コンテストで準グランプリを獲得して芸能界デビュー。「仮面ライダーカブト」「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」などに出演し、人気を集めている。この日のイベントにも銀座の街中に長蛇の列で約5500人が大集結した。

 写真集は「僕の120パーセントの素顔とか表情が詰まっている」という自身作。お気に入りのショットは口をとがらせたキス顔。ドラマ「ファースト・キス」の井上真央(20)をモデルに、100カット以上撮影した中の厳選ショットになっているようで「これ(写真集が)が破けるくらいキスしてほしい」と、照れながら話した。
     (引用 YAHHOニュース



皆さんも是非キスの練習をするときは、ドラマ「ファースト・キス」の井上真央ちゃんを参考にしてください黒ハート(笑)
posted by マオ at 10:09| 井上真央 ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

“イケメン”山本裕典の握手会にファン5500人集結!!

20071009-00000001-oric-ent-thum-000.jpg
若手俳優の山本裕典(ゆうすけ)が10月8日(月)、1st写真集『初恋寫眞 山本裕典』(主婦と生活者)の発売を記念して東京・銀座の福屋書店で握手会を開催。山本はドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』(フジテレビ系)などにも出演するなど現在人気急上昇中で、この日はファン5500人を動員。超アップの“チュー写真”を手に取り「破れるくらいチューしてください!」と意気込みを語った。

今回の写真集は伊豆・下田や富士急ハイランドなどで撮影、10代最後の輝きを恋する女の子の目線で追いかけた一冊。水着姿やシャワーシーンなど、ファンにはたまらないカットが目白押しで、山本も「僕の120%の姿と表情が詰まっています。初恋の相手が僕だったらいいなという気持ちで臨みました」と自信を覗かせた。

 また今作のメインカットである、山本がカメラに向かって“チュー”をしている写真を紹介した山本は「一番苦労した写真で、100カット以上撮りました。井上真央ちゃんのドラマ『ファーストキス』のポスターを見てマネしました」と、照れながら撮影秘話を語り終始大盛況だった。

    (引用 YAHHOニュース



真央ちゃんには程遠いけど、可愛いからOK〜わーい(嬉しい顔)

posted by マオ at 10:37| 井上真央 ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

今期ドラマ、最もイケてたのは「女子高生」舘ひろし!

この夏のドラマを勝手に総決算。今期私がいちばん面白かったのは、父娘が入れ替わってしまう「パパとムスメの7日間」だ。脚本も配役も文句無し。女子高生が体の中に入ってしまった舘ひろしのカワイイこと! 内股走りや胸元で小さく手を振るバイバイ、ピンチを切り抜けてフゥーッ♪と汗をぬぐう仕草もギャル言葉も、見事にこなしていた。

残念だったのは「ファーストキス」。主人公を超わがままで性格の悪い娘にしたのが、そもそもの間違いだと思う。憎まれ口、減らず口はそれまでの関係があってこそ成立するコミュニケーション。はじめから感じ悪いことばっかり言っている主人公を、青年医師が好きになるわけがない。どんだけMなのって話。せっかく旬の女優、井上真央を起用しているのにもったいない。

最終回、心臓病ゆえに恋愛を怖れていた彼女が初めて人を好きになり、「胸の痛みを知って、心臓ではなく、心の場所を知った」というセリフはよかったけどね。
   (引用 J-CASTニュース



確かに思っていた以上に視聴率は伸び悩んだみたいですねバッド(下向き矢印)
posted by マオ at 12:20| 井上真央 ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

明治製菓 パンキー「パンキー・モンキー」編

井上真央と奇妙な猿のキャラクターの掛け合いがユニークなチョコレート菓子「パンキー」の新CMが若い世代を中心に人気だ。
 思わず目を奪われるのが、目と歯をむき出しにした猿だが、このキャラクターは同商品のために生み出された「パンキー・モンキー」。
 この作品のCMプランナーの阿部洋一氏いわく「かわいいだけでは印象に残らない。強烈な表情や謎の行動など、突っ込みどころあるキャラクターのほうが人気が出るんです」とのこと。
 CMに登場するぬいぐるみは、自身のイラストをもとに約10日がかりで作られたという。顔の変化は合成だが、全体の動きは2人の専属スタッフが操った。
 パンキー・モンキーを威嚇する井上の表情も見もの。顔をしかめて口を真一文字にして反撃顔をする彼女だが、最初は抵抗があったのか一瞬にして顔を元に戻していた。ところが、監督のリクエストに応えて演技を重ねるうちに、迫力の表情に。
 OKシーンをモニターで見た彼女は「阿修羅みたいな顔だ」と絶句したものの、笑いをこらえきれないスタッフに「面白いならいいです」と苦笑しつつ、満足していた。井上とパンキー・モンキーの熱演に注目したいCMだ。
     (引用 YAHHOニュース

posted by マオ at 11:02| 井上真央 CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

井上真央が“敗者復活戦”に挑戦

“高視聴率女優”の井上真央(20)が崖っぷちである。主演の月9ドラマ「ファースト・キス」(フジ)の評判が悪いのだ。
「初回視聴率こそ19.7%ながら2回目は13.2%までダウン。月9史上始まって以来の大幅下落でした」(フジ関係者)
 さらに最終回も12.4%と振るわず。番組の平均視聴率も14.8%にとどまった。
「平均視聴率だけを見れば歴代月9でワースト7位だけど、気の毒なのはデキが“ワースト”という烙印を押されていることです」(制作関係者)
 評価が低い理由について現場スタッフのひとりは「井上が他の共演者とうまくコミュニケーションがとれなかったことが原因だった」と証言する。また、一部共演者から“井上は何様なんだ”という批判の声も出ていたという。ワンシーンを撮影するとマネジャーやメークに取り囲まれ、そのまま楽屋に入ったというのだ。しかし、あるプロデューサーは井上の行動についてこう言う。
「あれは井上の取り巻きが共演者キラーといわれた伊藤を警戒していたためにとった苦肉の策でした。実際、井上は伊藤の大ファンとか。その伊藤だけを避けるわけにはいかず、全員と距離を置くことにしたらしい」(芸能プロ関係者)
 さて、その井上が改めて“敗者復活戦”に挑戦する。10月にスペシャルドラマ「花いくさ〜京都祇園伝説の芸・岩崎峯子〜」(フジ)でヒロインを演じる。
「視聴率次第ではさらに評価を下げることになる。まさに女優生命がかかっている」(編成マン)
 この秋が正念場だ。
     (引用 YAHHOニュース



真央ちゃんが主役の「花いくさ〜京都祇園伝説の芸・岩崎峯子〜」
このドラマに、期待しましょうexclamation×2exclamation×2
posted by マオ at 10:49| 女優 井上真央 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。