2007年10月02日

明治製菓 パンキー「パンキー・モンキー」編

井上真央と奇妙な猿のキャラクターの掛け合いがユニークなチョコレート菓子「パンキー」の新CMが若い世代を中心に人気だ。
 思わず目を奪われるのが、目と歯をむき出しにした猿だが、このキャラクターは同商品のために生み出された「パンキー・モンキー」。
 この作品のCMプランナーの阿部洋一氏いわく「かわいいだけでは印象に残らない。強烈な表情や謎の行動など、突っ込みどころあるキャラクターのほうが人気が出るんです」とのこと。
 CMに登場するぬいぐるみは、自身のイラストをもとに約10日がかりで作られたという。顔の変化は合成だが、全体の動きは2人の専属スタッフが操った。
 パンキー・モンキーを威嚇する井上の表情も見もの。顔をしかめて口を真一文字にして反撃顔をする彼女だが、最初は抵抗があったのか一瞬にして顔を元に戻していた。ところが、監督のリクエストに応えて演技を重ねるうちに、迫力の表情に。
 OKシーンをモニターで見た彼女は「阿修羅みたいな顔だ」と絶句したものの、笑いをこらえきれないスタッフに「面白いならいいです」と苦笑しつつ、満足していた。井上とパンキー・モンキーの熱演に注目したいCMだ。
     (引用 YAHHOニュース

posted by マオ at 11:02| 井上真央 CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。